マンションを高く売るコツ

 

まずは、マンション売却の流れをしっかり把握しておきましょう。不動産会社に査定依頼、媒介契約、情報の開示、売買契約、所有権の移転というふうに段階的な手続きを踏んで行うことになります。この中のひとつでも欠けていれば違法な取り引きになる恐れがあるので注意が必要です。
次に大切なのが、マンション売却の仲介を依頼することになる不動産会社の選び方です。依頼する前に会社の情報を入手しておくのは当然やるべきことですが、会社で働いている人の態度や話し方を注視するようにしましょう。売却が決定までの道筋は決して簡単なものではありません。長い付き合いになる可能性があるのです。担当者がどれだけの知識や技術を身に付けている試すために、遠慮なく質問するようにしましょう。
最後に、何でもかんで不動産会社を頼るのはやめましょう。面倒で時間がないからといって全てを不動産会社に任せてしまうと、安く買い叩かれる確率が高まります。少なくとも、不動産の価値を把握できるくらいの情報は普段から入手しておくようにしましょう。
マンション売却に関しては以下が詳しいです。
→こちら

不動産売却の際には査定価格の比較が大切

 

土地や建物などの売却を考える時に、複数の会社に依頼し査定価格を出してもらい比較することが大切です。
同じように見える会社で得意とする地域や物件に違いがありますから、不動産の所在地によって価格が違います。
物件自体の条件だけでなく、周囲の環境面や取引数の多少や購入希望者の人気などの状況によっても評価が変わります。
不動産取引の場合は、金額も大きいですから査定価格にも大きな差が出るものです。
市街地に多いマンションの場合も、現状で販売できるか、リフォームが必要かによって買取価格が変動します。
新築マンションの場合、最新の設備が取り入れられている物件が多いですから、築年数が高ければリフォームが必要になるケースが多く、売却価格が抑えられる場合が多いようです。
不動産を売却する際に、複数の会社に依頼すると現場確認の立会いなどの回数も増えてしまいます。
マンションの場合もこの点は同じです。
インターネットなどのマンション売却のサイトを利用すれば、一括で査定価格が出ますから、条件に見合った会社を絞り込む事で交渉する会社を選定する事も可能です。